面接中 日本 (東京/関東) 興味あり

企業

ブランド医薬品を製造し、医薬品の研究開発を行う多国籍企業の製薬企業です。本企業は2社の合併により形成され、世界中で約2万人の従業員を抱えています。

職務

本役割は、マネージングディレクターおよびアジアのリージョナルHRディレクターにレポートし、地域の小規模チームを管理します。日本では100名以上の従業を擁し、ほとんどが商業活動に重点を置いています。主な責務としては、日本の文化と習慣を推進し、ローカルでは成功している組織を構築、支援すること、また最高の人事習慣を推薦、実行し、グローバルCoEに価値を加え、人事成長を促進させるために、雇用主としてのブランディングと従業員価値提案の優先順位付けを行います。

求める経験・能力

非常に高い英語力、ネイティブレベルの日本語力が必要で、地域および世界の関係者と提携しながら、人事部と他の地方組織との間の信頼関係を築く必要があります。HRジェネラリスト/ BPとして少なくとも10年以上の中小規模の組織での経験は必須です。ヘルスケア業界での経験は必須ではありませんが、ある方は優遇されます。

2018-10-30に投稿済み

ChapmanCG Pte Ltd

EA Licence No. 08S3543

一覧

求人番号
ADSF-287862/AS
階級
部長
職務権限
ジェネラリスト
業界
製薬/ヘルスケア
担当エリア
国内
グローバル本社
ヨーロッパ
グローバル収益
US$10-100 Billion
リポート先
APAC HRディレクター ローカルゼネラルマネジャー
利点
主要アジア市場で成長し続ける本企業のビジネスをリードする絶好の機会です。人事スキルとキャリアの育成をサポートしてくれる、シニアでプロフェッショナルな人事リーダーと働く事ができます。
懸念点
日本では人事サポートが限られるため、自発的に仕事に取り組み、自分自身で課題を解決し、積極的に日本国外にサポートを求める必要があります。