HSBCの人事統括責任者である、小野典子氏主催のChapmanCG人事リーダー会合が先月開かれ、キャリアパスとして人事を強化し、日本で人事スキルと専門知識を発展することが熱い話題となった。バリーカレボー、フィデルティ、ファーウェイ、KPMG、ロレアル、メルク、マイクロソフト、ミレニアム・キャピタル、野村、P&G、サノフィなどの人事リーダーと共に、ChapmanCGのオスカー・フークスとヤンセン・ルーが出席した。

人事のキャリアパスは、企業または個人によって定義されるのか

日本の伝統的な企業では、「何でも屋」の人材を生み出す一連の職務遂行を通じて、企業によってキャリアパスが管理されている。しかし最近では、企業は自らの権限を解放し、それぞれが自分のキャリア開発のより多くの所有権を得ることを可能にし始めている。全体としてこれはポジティブな展開であるが、100%準備が整った段階でのみ、昇進の準備ができると思う人々もいる。そのため人事の役割は彼らを励まし、100%準備ができていなくても次の役割を果たせると安心させることである。同時に、現実は誰もが昇進できるわけではない。 副次的な役割として、社員が知識を広げるために他の専門分野を開発できるようにするために、人事は横への動きのキャリア開発の利点について話し合う必要がある。良い人事戦を戦う。それは先進国の人が年を取るにつれて、ほぼ全ての職業に才能が不足するからである。批判的思考、簡潔なコミュニケーション、および関係構築スキルを備えた人事専門家を探すのは簡単のように聞こえるが、毎年困難になっている。企業は才能のある新卒を人事分野に引き付ける方法や、人事部が他の部門の優秀な人材を魅了する方法について考える必要があるのだ。

日本の人事不足

ほとんどの場合、日本の人事専門家は労働法と人事手順の知識において非常に長けている。欠けているのは影響を与えてリードする能力である。リーダーシップとは、優先順位を社員に伝え、従うように目標を積極的に感情に強く訴えることを意味する。近年では誰もが技術的進歩と共に仕事の山と情報の過負荷を持ち合わせている。社員の人間味のある面にアピールすることで、インパクトを確実に得ることができるであろう。

会合の全出席者からの意見として、業界に関係なく企業は人事組織の能力を向上させることに問題があることは明らかであった。それぞれの角度からこの問題に取り組むために、創造的な採用と人材開発戦略、そして文化的変革のための質の高い構想が必要である。日本は人事職に就く人口の割合が最も高いと言われているが、人事能力の欠如は才能に対する需要と利用可能な需要との間の差を強く象徴しているのである。